慈善なボランティア活動を目指す

人のために活躍する事はいいことだと思います、これを機にあなたもボランティア活動に参加してみませんか!

アーカイブ

サイトコンテンツメニュー

善い事をすれば必ず報われる

【運営者プロフィール】



【名前】
椋野 プラム
【住所】 〒846-0031
佐賀県多久市多久町
【年齢】
31歳
【職業】
某ファッション雑誌編集
【趣味】
バードウォッチング
【メール】
cy6jea80@yahoo.co.jp

ボランティアなどの慈善活動に参加する上で知っておいてほしい事


過疎化をお話しする前に過疎について知らない人も多いのではないかと思います。

なので過疎から説明させていただきます。

過疎とは今まで生活していた住民が何かをきっかけに生活できずに困っている状態の事です。

続いて過疎化を説明しましょう。

過疎化とは過疎が進んでいて今も尚改善されずに進み続けることを言います。

今過疎化は日本にとって最も目を背けてはならない問題と思います。

では何故過疎化が進んでいるのでしょうか?考えてみたいです。

私が思うにボランティアなどの慈善活動に参加する人が少なくなったからだと思いますね。

ボランティアは言わば慈善活動です。

皆さんは仕事をしてお金を貰うと思うのですが、ボランティアのような慈善活動をやっていても一銭にもならない、このような考えからボランティアなどの慈善活動に参加する人が少なくなっていったのだと思います。

その姿勢が過疎という問題を引き起こしているに違いありません。

なので、いくら一銭にならなくてもボランティアなどの慈善活動に参加していきましょう。

アナタの手で過疎が進んでいる地域を救ってみませんか?

ここで実際にボランティアなどの慈善活動に参加した時に知っておいてほしい情報を紹介します。

それはゴミ拾いです。

ゴミ拾いというと単純な響きかもしれませんが、ここで紹介するゴミ拾いは単純なものではないです。

例えばアナタがボランティアなどの慈善活動に参加したとしよう!
さて、アナタはどこのゴミを拾いますか?
過疎が進んでいる地域の周辺だけのゴミ拾いをしますか?それとも過疎が進んでいる地域以外にも活動の幅を広げてゴミを拾いに行きますか?どちらを選択しますか。

過疎が進んでいる地域の周辺だけのゴミ拾いだけをすれば住民が済みやすくなるのではないのか?と思いがちになるのでしょうが、それは間違いです。

過疎が進んでいる地域の周辺だけのゴミ拾いだけをしてもその地域以外にも汚れている所があれば自分がゴミ拾いをした地域もまた汚れて住民が生活しづらくなってしまいます。

そして、また過疎が進んでいき元の木阿弥になってしまうことでしょう。

なので過疎が進んでいる地域の周辺だけのゴミ拾いだけをするのではなく過疎が進んでいる地域以外にも活動の幅を広げて隈なく探索してどんな僅かなゴミでも拾う事に努めましょう。

ボランティアなどの慈善活動に参加する上でこのような情報を知っておいてほしいです。

 

中高年からの海外医薬品

 

年をとると体のだるさなどの疲労が以前よりもかなり溜まってきますよね。

そんな時にオススメするのが、海外でも国内でも人気のジェネリック医薬品を扱う【おくすりクリニック】です。

AGA治療薬
AGA(男性型脱毛症)治療に役立つ医薬品などを取り揃えております。

抗真菌薬
水虫やいんきんたむしなどの抗真菌薬などを取り揃えております。

抗炎症治療薬
炎症などを抑えてくれる抗炎症治療薬などを取り揃えております。

加齢になるとどうしても、体のあちらこちらにガタがくるものだと思われますが、そんな時のために必要な安価な医薬品が必要となってくるでしょう。

更新情報

Copyright(C)2014慈善なボランティア活動を目指すAll Rights Reserved.